Menu

動画がもたらす効果と広告市場の推移

動画がもたらす効果と広告市場の推移

ここ数年、インターネットにおいて、毎日と言って良いほど頻繁に動画を目にします。

なぜこれほどまでに動画市場が盛り上がっているのでしょうか。

ここでは広告という観点から、動画が企業に注目されている理由について、最近のトレンドを交えて紐解いていこうと思います。

なぜ動画なのか?

そもそも、なぜ企業はプロモーションに動画を採用するのでしょうか。

従来のオフライン広告や、オンラインのディスプレイ広告などと何が違うのでしょうか。

圧倒的な情報量を、スマートに伝えられる

1分間の動画が持つ情報量は、180万言語、原稿用紙4500枚、3,600分のWEBページに相当すると言われているため、文字情報や静止画に比べ圧倒的且つスムーズに内容を伝えることが可能です。 

また、それのみならず音声も同時に伝達できるために、ストーリー性を持って内容を訴求できます。

そのため、ブランドイメージを醸成したい企業にとってはうってつけのコンテンツなのです。

訴求手段として最もインパクトがあり、行動を促しやすいコンテンツは動画ともいえます。近年急速市場が盛り上がっている理由がここから読み取れます。

動画広告市場の動向

では、実際の市場はどのように推移しているのでしょうか。

サイバーエージェントとデジタルインファクトが共同で実施した調査によると、2017年度の動画広告市場は1093億円となり、2019年には2000億円、2022年には3,000億円まで成長する予測されています。

ここまで急速に発展しているトリガーとして、以下の要因が挙げられます。

  • ユーザーのスマートフォンによる動画視聴の定着
  • Youtubeを筆頭とする動画プラットフォームの拡大
  • FacebookやInstagramなどのSNSメディアでの動画出稿が急増

先程も述べたように、動画はあらゆる広告手段の中で最も多くの情報量を持っており、ユーザーがスマートフォンでの動画視聴が定着していることから、広告主側はここに対してあの手この手で施策を打っているわけなのです。

メリット・デメリットは?

動画広告にはメリットもあれば、デメリットもあります。

具体的にそれぞれどういった側面があるのでしょうか。

メリット

ターゲットを絞って配信できる

優良なコンテンツがあっても、それがユーザーに興味を持たれなければ意味がありません。

動画広告は、年齢、性別、地域、ジャンルや言語など、様々な条件を絞って的確にターゲットへ配信することができる点が大きなメリットと言えるでしょう。

また、若年層から高齢層まで幅広いユーザーを持つ動画プラットフォーム「You Tube」を利用すれば、更に多くのターゲットに配信することが可能です。

デメリット

動画制作のコストがかかる

広告用の動画作成を内製、あるいは外注するかという課題が発生します。

ノウハウがある場合は問題ないですが、そうで無い場合はやはり外注という選択肢になるでしょう。

また、画像に比べ一度作成してしまうと修正は容易ではないため、何かとコストがかかることは想定しておいた方がいいでしょう。

まとめ

動画広告市場が盛り上がっている背景が読み取れましたでしょうか。

動画広告は、万能ではありませんが、しっかりとターゲットを見極めて配信できれば、これまでの方法でリーチできなかったターゲット層に対しアプローチできるため、広告でお悩みの方は検討する価値は十分にあると言えるでしょう。

地域から動画を探す

地域から探す

MoviePrintの映像クリエイターは、全国各地に登録者がいます。お近くの動画制作会社を知りたい方はこちら

用途から動画を探す

用途から探す

商品説明、採用、社内研修など、動画制作の目的から制作会社の実績をお探しになりたい方はこちら

実績から動画を探す

実績から動画を探す

文字情報や静止画と比べ、圧倒的かつスムーズに内容を伝えることができます。クリエイター選びにご活用ください!