Menu

展示会用の動画で来場者の心をつかむテクニック

展示会用の動画で来場者の心をつかむテクニック?

多くの企業が一堂に集う展示会場で自社ブースへ集客を促すには、来場者の興味をひく施策が大きなポイントといえます。

その一つの方法として注目を集めているのが「動画」です。ブースの前に、会社紹介や商品・サービスの説明動画を流すことで、集客やビジネスチャンスにつながる可能性が高まります。

では、どのような動画を流せば効果を最大化にできるのでしょうか。動画のメリットをふまえ、いくつかのポイントをまとめました。

展示会で動画を流すメリットとは

動画は、動き(映像)と音で来場者の興味を喚起させるとともに、競合他社との差別化をはかるうえでも有効なツールです。実際に、ある企業がブース前で展示会用に制作した動画を流したところ、集客はこれまでの3倍にも増えたというケースもあります。

また、動画は短時間に多くの情報を詰め込めることから、会社案内や商品・サービスの説明も効率的に行えます。担当者が紙の資料で説明するより訴求効果が高く、どの来場者にも平等に説明ができる点においても優れたツールといえるでしょう。

展示会動画は目的に合わせて作るのがポイント

「展示会用の動画を制作してブースの前で流したけど、思ったほどの反響がなかった」と後悔されている方も少なくないでしょう。
広い展示会場で自社を見つけてもらうには、インパクトのある映像にすることが重要です。しかし、インパクトばかりで中身のない作品だと来場者の心に届きません。

大切なのは、「動画を見た来場者にどんなアクションをしてほしいか」という目的を明確に決めて動画を制作することです。
目的が異なれば、動画の内容も当然異なります。以下に、目的別で効果的な動画について紹介しましょう。

自社ブースに立ち寄って説明を聞いてもらいたい!

自社ブースに呼び込むことが目的であれば、「ティザー動画」がおすすめです。

ティザー(teaser)とは、「じらす人」という意味。商品の魅力を全部見せるのではなく、映画の予告編やテレビCMの「続きはWebで」のように、来場者をワクワクさせたり「もっと知りたい」と興味を喚起させたりすることが目的の動画です。

インパクトはもちろん、テンポの速い動画で来場者をひきつけるとともに、その後、担当者がスムーズに説明を始められるような結末にすることもポイントでしょう。

企業の認知度を高めたい!

ブランディングが目的なら、内容をコンパクトに収めた会社説明動画を制作します。
理念や歴史、実績など自社の強みをアピールすることで、認知度を高めるとともに信頼性のアップにもつながります。

また、耳に残るようなBGMを使ったり、15秒から30秒程度の短い動画を繰り返し流したりすることで、来場者の記憶に残すという手法もあります。

商品・サービスを理解してほしい!

紙の資料や営業マンの説明だけではイメージしにくい商品・サービスの魅力を伝えるのに、動画はとても重宝します。特に、展示会場に持ち込めない大型機器の説明、サービス概念やクラウド商材のような無形商材の説明などに有効です。

「お客様の声」のようなユーザー体験が見せられるのも、動画のメリット。来場者と等身大の人が、映像を通じて自社の商材をアピールしてくれますから、来場者の心にも深く刻み込まれることでしょう。

来場者の足を止める展示会動画のテクニック

展示会用の動画で来場者の心をつかむテクニック?

展示会来場者の平均時間は短くて1時間、長くて3時間程度。1ブースあたりの滞在時間は約10分といわれます。 自社ブースの前で足を止めてもらうことはもちろん、わずかの時間で大きなビジネスチャンスを生むために、展示会用の動画制作にはさまざまなテクニックが含まれているのです。

動画尺は1分以内

来場者が自社ブースの前を通り過ぎる時間は数秒、ゆっくり歩いても10秒くらいでしょう。その数秒のあいだに、足を引き留める情報が動画に詰め込まれていることが、成否を左右します。

尺(動画時間の長さ)の長い動画を制作しても、じっくり見てくれる人ばかりではありません。長くても1分程度、商材の魅力を凝縮したテンポのよい映像にすることで、どの場面でも立ち止まって見てくれる可能性が高まります。

動画と人の役割分担を明確にする

ブランドイメージの動画を制作し、その後、担当者が商品やサービスの説明を延々としていることはありませんか?それなら最初から、商品説明の動画を制作したほうが担当者も楽ですし、短時間で多くの情報を集めようとしている来場者にとってもありがたいでしょう。

商材のポイントは動画で、担当者は補足説明のみといったように、役割分担をすることで効率的かつ効果的な提案ができるようになります。

テロップで解説する

展示会場は多くの人でにぎわっていますから、動画の音声が聞き取りにくいこともあります。
通勤電車のモニターで流れる動画広告のように、できるだけテロップを付けて、見るだけで理解できる映像作品に仕上げましょう。

テロップは遠くからでも見えるよう大きめのサイズを用い、重要な部分は強調するなどメリハリをつけることもポイントです。

展示会の前後にも活用する

展示会用の動画を、自社サイトや自社アカウントのSNSなどで流すのも効果的です。同じ動画を流すことで、来場者の記憶を呼び起こすことにもつながります。

展示会前にはティザー動画を流して集客アップにつなげる戦略もできますし、展示会後にはレポート形式の動画を配信することで来場できなかった人へのアピールや次回展示会の集客につなげる施策としても有効でしょう。

豊富な実績がある動画制作会社に依頼しましょう!

このように、結果を残す展示会用の動画を制作するには、出展企業の目的に応じて、さまざまなテクニックを含んだ内容にする必要があります。
こうした動画の制作は、展示会用動画の実績の多い制作会社に依頼すると、安心でしょう。

また自社の目的に応じて、どんな動画を流せば効果がアップするかというノウハウも持っていますし、予算なども含めた相談にも気軽にのってくれるでしょう。
ブースの前を通り過ぎるわずか数秒のあいだに、足を止めて興味を持たせ、来場者の心をつかむ作品を提案してくれるプロフェッショナルに、動画制作を任せてみてはいかがでしょうか。

地域から動画を探す

地域から探す

MoviePrintの映像クリエイターは、全国各地に登録者がいます。お近くの動画制作会社を知りたい方はこちら

用途から動画を探す

用途から探す

商品説明、採用、社内研修など、動画制作の目的から制作会社の実績をお探しになりたい方はこちら

実績から動画を探す

実績から動画を探す

文字情報や静止画と比べ、圧倒的かつスムーズに内容を伝えることができます。クリエイター選びにご活用ください!