Menu

社内マニュアルは
紙から動画の時代!

動画マニュアルを制作するメリット&
活用シーンを紹介します!

取扱説明書、新人教育、新商品やサービスの社内共有などに用いられるマニュアルは、
これまでは紙媒体が一般的でした。
しかし、近年はインターネットを活用した「動画マニュアル」に注目が集まっています。
動画マニュアルと紙のマニュアルとでは、何が異なるのでしょうか。
動画マニュアルのメリットや活用シーンを案内します。

マニュアルを動画にする
3つのメリット

メリット01

わかりやすく
正確に伝わる

動画マニュアルのいちばんのメリットは、動きや音声でわかりやすく伝えられることです。
商品の使い方やマナー作法なども、人の動作シーンや音声によって直感的に理解させることが可能に。文字情報では伝わりづらい細かいニュアンスまで正確に伝わり、ユーザーごとの相違も低減できます。

メリット02

短時間で
繰り返し学べる

ネット環境があれば、いつでもどこでも閲覧できる点も、動画マニュアルのメリット。
チャプター(目次)などをつけておけば、ユーザーが必要な部分のみ閲覧することも容易ですし、重要な部分は繰り返し見ることも可能です。短時間で習熟度を飛躍的にアップさせられます。

メリット03

コスト削減にも貢献

紙のマニュアルでは、ユーザーが増えると印刷コストがかかります。動画マニュアルなら、オンライン上においておけばユーザーが増えても追加コストはかかりません。
また、直感的かつ正確に伝わりやすいことから、研修やサポート要員などの運用コストを最低限に抑えられ、さらなるコスト削減も実現します。

マニュアル動画の活用例

01. 外国人観光客向けに温泉マナーを動画で!

温泉旅館用に制作された動画です。日本に訪れる外国人観光客が年々増える一方で、温泉の入り方などを伝えるのに苦慮する温泉旅館も多いとのこと。
この動画では、文化や言語の異なる外国人の方にも、温泉に入るときのマナーをわかりやすく伝えており、利用者のマナー改善や観光客の誘致にも貢献しています。

動画の種別
アニメーション
制作期間
10 日
制作費用
10万円
動画の尺
2分43秒

02. 制度を理解してもらうための社内向け動画

報酬制度のしくみをわかりやすく伝える、社内向けの動画マニュアルです。
社内制度の改変などにおいて、全社員に文書(メールなど)で通知しても周知には時間がかかるものです。
動画なら短時間で理解を促進させ、文書だけでは伝わりづらい制度の概要や実例なども紹介できますし、不明点の補足なども最低限の対応で抑えられます。

動画の種別
実写
制作期間
3ヶ月
制作費用
20万円
動画の尺
2分55秒

さらに、こんなシーンでも動画マニュアルが活躍します!

取扱説明書

取扱説明書

商品・サービスの使い方を、動画でわかりやすく解説。Webサービスのように、目に見えない商品でもイラストやCGを活用し、ユーザーへの理解を促せます。

取扱説明書

教育研修

新入社員の社内研修、電話応対の方法、接客マニュアルなどのお手本を動画で展開。教育コストの削減や、ユーザーの習熟度アップも期待できます。

営業ツール

営業ツール

新製品の情報やセールスプロセスを、いつでもどこでも閲覧できるように展開。社員を一堂に集めた説明会より、効率的かつ効果的な情報共有が可能になります。

保守サービス

保守サービス

動画マニュアルの展開で、カスタマーサービスの問い合わせ件数が大幅削減。その分を本当に必要な顧客への対応時間に充て、顧客満足度向上につながった実例もあります。

動画マニュアルを作成するフロー

1. 必要な資料・
情報の収集

動画マニュアルのために必要となる資料や情報を収集・整理します。その際に、最終的な完成形をイメージしながら作業を進めるようにしましょう。

2. マニュアルの
構成を考える

「いつ、どこで、だれに、何のために」使われるのかを想定しながら、全体の構成を考えるようにしましょう。

3. 台本を作成する

全体の構成をもとに、動画マニュアルに入れる具体的なコンテンツを作成していきます。必要な素材の手配や挿入する画像やテキスト、ナレーションのポイントなども記載します。

4. 動画の
撮影・録音

作成した台本に基づいて実際に動画を撮影したり、必要な音声素材の録音をしていきます。

5. ナレーションの収録

作成した台本に添ってナレーションを収録します。その際、言葉の読みや声の抑揚などについて、事前にナレーターと打ち合わせをする必要があります。

6. 編集作業

最後に編集作業で素材同士を組み合わせ、不要な部分を削ぎ落として完成です。編集の段階でさまざまな方に見てもらって意見をもらうのがよいでしょう。

動画マニュアル作成のポイント

多くのユーザーが理解してもらえる内容にしなければ、動画マニュアルを制作した意味がありません。
以下のポイントを把握したうえで、制作を進めましょう。

POINT 01 ターゲットに
合わせた内容に!

視聴する方のリテラシーや知識にあった動画マニュアルでなければ、閲覧しても理解させることができません。

視聴してもらいたいユーザーはどんな人なのか、いつ・どこで・何のために閲覧するのかを想定しながら、構成を作成しましょう。

POINT 02 撮影環境に注意!

背景に無関係なものが映り込んだり、暗いところで撮影したり、手振れのひどい動画は、視聴するユーザーの集中力を欠く要素となります。

背景は白壁の場所で撮影する、商品撮影にはベッチン(布素材)を敷いた上に置く、暗いところでは照明を用い三脚を据えて撮影するなど、撮影環境に配慮しましょう。

POINT 03 ナレーション・
テロップは簡潔に!

動画マニュアルには、必要な情報を簡潔に伝えることが求められます。長々とした文章のテロップをつけてもユーザーに読まれないこともありますし、細かい部分までナレーションで解説しても、ユーザーは覚えられません。

テロップやナレーションは必要最小限度に抑えられるよう、工夫しましょう。

POINT 04 編集前に
動画をチェック!

撮影時や編集時には、実際に視聴するユーザー(ターゲット)にも参加してもらい、動画を一緒にチェックしましょう。編集後だと、「このシーンが足りない」「わかりづらい」という意見が出た場合、追加撮影が大変です。

ターゲットに意見を求めながら制作を進めることで、効率的な動画制作ができます。

動画マニュアルがつくれる
制作会社を探そう!

MoviePrintに登録している動画制作会社には、動画マニュアルが得意な企業様が多数いらっしゃいます。

株式会社Jリポート

高品質・高額の映像作品を提供する(株)Jリポート。テレビ番組やビジネス動画など、約18000本を制作・監修し、アニメからドキュメンタリー、自治体の普及啓発動画などあらゆるジャンルに対応しています。また、安価で良質な「アニメチック動画」も制作。動画づくりを教え、情報発信をサポートする「動画の楽校」を主宰しています。

本ページ事例紹介動画外国人観光客の温泉マナーキャンペーン動画 旅館・組合用

制作金額: 10 万円

株式会社APパートナーズ

動画コンテンツの企画構成、演出、撮影、編集までワンストップで承ります。これまでに大手通信キャリアの商品紹介動画、サービス紹介動画、社員向けの研修動画など数多くの案件を手がけています。
素材はあるから編集のみなど、お客様のご希望に合わせた対応も可能です。当社のウリは制作スピードとクオリティです!
※関東以外でも撮影を除く編集であれば対応できる場合がありますので、お気軽にご相談ください。

本ページ事例紹介動画社内向けの説明動画

制作金額: 20 万円

条件にぴったりの会社を
探してみましょう!

MoviePrintでは、制作物の目的別に探したり、
日本全国からご希望の地域で絞り込みを行ったりなど、
さまざまな条件で動画をお探しいただけます。
まずは自分に合った条件で制作会社を探してみましょう!