Menu

NASH FILM (ナッシュフィルム)

東京渋谷区拠点。企業VPからエンターテインメント映画まで。目指すのはビジネスとエンターテインメントの架け橋です。

  • 映画監督が代表を務める
  • WEBやグラフィックデザイン制作もできるクリエイティブ力

観た人の心を動かし、付加価値のあるコンテンツを生み出すべく日々まい進しております。

MoviePrintの担当の方はどんな方ですか?

日高さん 日高尚人と申します。映像を中心に、クリエイティブ業界で約20年間、WEBやグラフィックデザイン制作にも多数携わってまいりました。映画監督としても活動しています。

会社の独自のルール・習慣・自慢するところはありますか?

日高さん 臨機応変な対応力は他社様に負けてないと思っています。大手企業様のVPからエンターテインメント映画まで多数実績がございます。いわゆる「固い」ものから「柔らかい」ものまで、ジャンルも表現方法もご予算に応じた多岐にわたる映像コンテンツのご提案が可能です。

Photo1 Photo2

過去、今だから笑える失敗談があればお聞かせ下さい。

日高さん ある企業様のWEBドラマ案件で、撮影日数が1日しかないのに、準備した画コンテが膨大だったため、現場で泣く泣く半分程に削りました。ストーリーものになると、ハリウッド映画のようにカットを細かく割ってくのが好きなので。自分で自分の首を絞めるのは分かりつつ、ついカット数を増やしたくなるんです。

Photo3

依頼者の方に、是非これだけはお願いしたいと思うことはありますか?

日高さん 「一緒に良いものを作りたい!」というモチベーションでご依頼いただけると嬉しいですね。どんな映像を作りたいか、頭の中でなんとなくフワッとイメージしてるものが必ずあると思うんですね。あとはそれをどう具体化して味付けするか、そこを僕らのようなプロがお手伝いできればと思ってます。

未来のパートナーに一言

日高さん 映像以上に訴求力のあるメディアはありません。ご予算に合わせたご提案が可能ですので、まずはご相談ください。

Photo4

05018600051

お電話でのお問合わせ

個人 ナッシュフィルム
URL http://nashfilm.jp
住所 東京都渋谷区桜丘町29-33-407
電話番号 05018600051
自己PR 1990年代半ばのインターネット草創期から、映像インフラの進化とデジタルツールの恩恵を最大限に活用して、企業VPからエンターテインメント映画まで、多岐にわたる映像コンテンツを制作・提供して参りました。 WEBやグラフィックのクリエイティブも熟知している私たちだからこそ可能なクロスメディア発想と 最小コストで最大効果を生むワークフロー、エンターテインメント性のある映像表現を武器に、 観た人の心を動かし、付加価値のあるコンテンツを生み出すべく日々まい進しております。

事前に要件が整理できるから事故が起こりにくい
ストレスなく動画制作をするならMoviePrint